今日もニコニコ乱読味読

~レガ爺 dameo の泡沫ライフ~

岡嶋裕史「メタバースとはなにか?」

 まちライブラリー(民間の図書館)の書棚の前でこの本をチラ見していると知り合いのスタッフが「ひゃあ~~、こんな本、読みはるんですか」と驚愕の一声。で、なんか引っ込みがつかなくなって借りてしまいました。


帰宅して、あらためてページを開くと、彼女の驚愕、さもありなん、であります。何を書いてあるのか、さっぱりわからん、と言う点では、かの「歎異抄」以来の難物であります(笑)。こんな本をゼニ出して買う人の気が知れない。
 はじめに、「メタバースとは仮想現実のことである」と書いてあって「疑似現実や仮想現実には様々な機器でアクセスすることになるが、疑似現実へのアクセスに向いているのがARやMR、仮想現実へのアクセスに向いてるのがVR」やて。なんのこっちゃねん。2年前?だったか、フェイスブックは社名を「メタ」に変えた。著者によればフェイスブックはもう古びてきた。SNSの次のビジネスに移るには「メタ(超)」の概念が必要だ、というのが社名変更の理由らしい。知らんけど。


私たちはリアル(3次元)世界で暮らしている。生まれ、育ち、学び、働き、結婚して・・楽しいこともあるが、どちらかと言えば「苦しきことのみ多かりき」の人生になりがちだ。自分や家族が事故や大災害で死ぬこともある。生前に「極楽」気分を堪能できる場面なんか、ほんの一瞬だ。
 しかし、「仮想現実」世界に入ればそんなリアルな苦労はない。「仮想」の中身は自分で創るのだから思いのままである。しかし、ひとりぼっちでは寂しい。なので、別の人と知り合って仲間をつくる。むろん、イヤな奴は敬遠する。
 個々の人が同じテクノロジーで仮想現実をつくれば、男女も国籍も違う人とコミュニティを形成できる。LGBTで悩むこともない。完璧ではなくても3次元世界よりは優劣や偏見のないハピーな暮らしができる・・ハズ、であります。


著者の岡嶋センセはこの道の先駆者であります。これは出来そう、あれもしたいと夢はどんどん広がって現実のテクノロジーの進捗の遅さにいらだってる感じです。分かりやすい例として、センセは浦島太郎の竜宮城暮らしを挙げている。おとぎ話と異なるのは太郎は現実世界に戻るが、センセは「竜宮城で死にたい」だと。困りましたねえ。


テクノロジーがどんどん進歩すると、例えば、仮想世界での浮気が現実の殺人事件を起こすかもしれない。妻にない魅力を全部備えた仮想現実世界の愛人に惚れ込んだ挙げく、リアル世界の妻を殺してしまうかもしれない。想像できます?・・あるいは、逆に、たまたま、夫不在のときに夫のVRセットをのぞき見した妻が自分にない魅力を全部備えた愛人とのラブラブシーンを見てしまったら・・逆上して夫を殺してしまう。これ、あり得ますよ。こわ~~~。


著者が求める理想のメタバースの真髄は「苦労なしの人生を仮想現実で享受する」ことだと見受けました。リアル世界で苦労の克服にがんばるよりも仮想現実世界で安楽に暮らしたいと。「メタ」カンパニーはハイテクを駆使して世界中に売れる「極楽絵図」をこしらえ、売りまくり、ガッポリ儲けるのが狙いでせう。なんか19世紀の「アヘン」の蔓延を想像してしまう、壮大かつインケンなビジネスプロジェクトであります。(2022年 光文社発行)

 

 

 

<続> スマホの若年ユーザーに認知症発症

新聞記事にはこんな専門家の見解も紹介してあります。(以下引用)
脳トレ」で知られる川島隆太氏によると、仙台市の5~18歳の児童生徒224人を対象に3年間、脳の発達の様子をMRIで観察した。スマホなどでインターネットを長時間使う子供たちの脳は神経細胞が集積する「灰白質」や神経繊維が集まる「白質」の体積が増えず、脳の発達に遅れがみられたという。 川島氏は「例えば中学3年生で考えたとき、スマホを全く使っていない生徒は中学3年の相当の脳を持っているのに対し、毎日スマホを頻繁に使っていた生徒の脳は小学6年生のままである可能性がある」(引用ここまで)


えらいこっちゃ、であります。スマホがアホな子供を育てる。反論があるかもしれないが、スマホの長時間使用が優秀な人間を育てるという説は見たことがない。この川島センセの見解はゲームメーカーやアニメの制作会社にとっては憂鬱な情報でありませう。ビジネスにおけるスマホ利用の達人といえば、堀江貴文氏の顔が浮かびますが、彼は2年半のムショ暮らしの実績を持っていながら,相変わらず「上から目線」でモノを言う態度は改めていない。彼のIT辞書には「謙虚」と「反省」という言葉がないのでせう。


アホな子供を増やさないためにどんな方法があるだろうか。すでにシステムがあると思うけど、単純に「利用時間の制限」が一番わかりやすい。一か月で30時間に制限すると、必然、情報をまじめに選ぶ、だらだら利用が減る効果は期待できます。しかし、アホなのに制限をかいくぐる悪智恵があったりして,実現は難しいかもしれない。


先日、地下鉄車内で本を読んでいたら、難波駅で乗ってきたオジサン二人が自分の両脇に座るなり、本を取り出して読みはじめた。わっ、三人が並んで本を読んでる・・無茶珍しいシーンであります。(少なくとも過去一年でこんな場面は経験しなかった)しかし、他の人の目には「気の毒な三人の落伍者」と映ったことでありませう。ほっといてんか。

 

 

 

スマホの若年ユーザーに認知症発症

 21日の新聞記事が報ずるに、30~50歳のスマホユーザーに「物忘れ」症状の人が増え、クリニックに通う人が多くなった。スマホのだらだら利用が常態化し、常にスマホが手元にないと落ち着かない人は要注意であります。脳は一日中大量の情報の処理、記憶に追われて、その分、情報の「取り出し」ができなくなる。人の名前や顔が思い出せない、簡単な計算ができない、など、年寄りの認知症と同じような症状が出る。


下の図は「若年層のスマホ依存症 チェックリスト」で、14項目中、4つ以上の項目にチェック印をつけた人は依存症の可能性ありという。項目を見れば、4つどころか、半分以上にチェックを入れる人が多いような気がする。麻薬といっしょで、一日、二日、スマホを触らなければ禁断症状が出る人もいるかもしれない。

 マッタク、しょ~もない病気であります。症状を自覚しても、恥ずかしくて医院へ行けない人もいると思います。自分のアホさを医師に曝すのだから自尊心に傷がつく。さりとて、ピンチを自覚しながらズルズル放置すると、老年期に易々と「本格的認知症」になる可能性が高いという。


しかし、ですよ。考えてみれば、手元にスマホがあることがダメなのなら、簡単に手の届かないところに置けばよいだけのことだ。たとえば、米びつの底とか(笑)。スマホの性能が年々向上するのに対し、そのユーザーは年々アホに近づき、病気になるというのだから、なんとも情けない。しかも、彼らは病原であるスマホに一か月何千円(あるいはもっと高額)も金を注ぎ込んで悔やむ気持ちもない。


近日、話題になっている関東地方のグループによる、連続強盗・殺人事件では、スマホが強盗の企画、実行、逃亡に有効に使われていることが分かった。犯人にすれば、強盗殺人における「生産性の向上」に欠かせない道具というわけだ。但し、スマホによってアシがつき逮捕されることにもなるから、悪事でも使い方は難しい。犯罪者もスマホ依存症に陥っていた、というわけですね。  ~つづく~

(新聞記事は2023年1月21日の産経新聞大阪版 夕刊)

 

 

西岡文彦「ピカソは本当に偉いのか?」

 いつかはこんな本が出るだろうと思っていたけど、10年前にこの本が出ていました。20世紀最高のアーティストにイチャモンつけるなんて勇気要りますよ、ホント。しかも著者は自ら版画家であり、多摩美大の教授です。タイトルをどうするか、あれこれ迷ったと思いますが、読者としたらこれでよかった。気遣いして半端に変化球投げるより、こんな直球表現のほうがよかった。


ピカソの作品は本当に美しいのか
ピカソの作品は本当に上手いのか。


著者が掲げるこの根本的な問いに対して、著者自身、どう答えるのか。
ピカソの作品は美しくない
ピカソの作品は最高に上手い


美しくはないけど、ウデは最高に上手い。これが著者の見解です。
 そしてピカソの達者さを認めつつ、ピカソが持って生まれたセールスマンとしての優れた才能も皮肉を交えて評価している。特に成長期であった若い時分には顧客や画商の意を汲んで、自分の個性や主義にこだわらず、相手の気に入るような作品を提供した。なんかアーティストらしくない態度ですが、これもピカソの才能だという。ピカソは青年期からヘンテコな絵ばかり描いたのではない。実にいろんなタイプ、表現の作品をつくり、ときに、パトロンの要求に阿ることもあったが、長い目でみればこんな曲折も成長のモトになった。


人を驚かせる暴力性や破壊的表現も、ピカソの個性であると同時にクールに計算されたところがあって、即ち、優れた営業的センスによって市場価値を高めることに成功した。こういう才能を持ち合わした作家は珍しい。バッハやモーツアルトが顧客である貴族の趣味趣向に合わせて作曲した作品を「だから、芸術価値のないゴマスリ作品」と言わないのと同じだ。(これはdameoの見解)


作品論を離れて著者が本気でピカソを批判しているのは生涯続いた「女たらし」ぶりである。ピカソは生涯に二人の妻と6人の愛人と暮らした。8人のうち二人は自殺した。世間で言う「仲むつまじい夫婦(愛人)」像はついにつくれなかったらしい。ピカソと暮らして本当に幸せだったといえる女性は一人もいなかった。ピカソは自分から別れ話を持ち出しても手切れ金はケチった。


こんなピカソだから世界中の女性に嫌われたのかといえば、そうではない。結城昌子著「ピカソ・描かれた恋」(小学館発行)という本を開くと、セクハラ、パワハラなんのその、全編ほぼベタ褒めなのだからため息が出る。
 ピカソが20世紀に亡くなったのは幸いだったといえる。もし今世紀に活躍する人物だったら、偉大な芸術家の裏の顔である、不貞、変態ぶりが世界中からバッシングされたかもしれない。(2012年 新潮社発行)

 

90歳で描いたピカソの最後の自画像

どこが上手いのかなあ・・・

 

 

タイパ昼めしに<冷凍オムライス>

オムライスの冷凍商品があること知りませんでした。先日、業務スーパーで見つけ、早速チンして食べると・・自分の舌では合格です。麺類や炒飯にこれが加わって、手抜き昼メシのメニューが増えました。値段は175円(税別)と炒飯より高い。500wのレンジなら5分30秒かかります。ボイルなら約20分。レンジの場合、自分で虫ピンなどで袋に穴をあけておかないとバクハツしそう。(注意書きあり)
 内容量250g、エネルギー365キロカロリー。製造は日豊食品工業、販売、流通は日本水産神戸物産。他のメーカーでも作ってるかも知れません。

 

 

ケチャップは自前です。

  

<続>紀藤正樹ほか共著「これから起こるマイナンバー犯罪」 <続>黑田充著「あれからどうなった?マイナンバーカード」                                                    

 マイナカードは便利だから世界中で普及しているのか、といえば必ずしもそうではないらしい。内容もバラバラでどの国のシステムがベストというのもないみたいです。充実度=便利さ?で最も進んでるのは韓国みたい。登録内容の濃さ、便利さ?では日本よりはるかに進んでるけど、だからといって日本国民より幸福だというわけではない。登録内容が細かいということは、個人情報をしっかり政府に握られているわけで、そんなことに満足する人がいるのだろうか。自分はゼッタイ、イヤであります。


紀藤センセによると、韓国では生まれた途端に赤ん坊にナンバーがつけられ、これは一生不変。確たるIDになる。これは北朝鮮のスパイ対策でもあって一九六〇年代にはじまった。個人履歴も細かく記録され、例えば交通違反歴もすべてカードに残る。預金額が記録されるのはまだしも、借金も記録される。よって、ワルの公務員がデータを盗み見して借金まみれの女性を探し出し、こっそり売春を斡旋する。その稼ぎをピンハネして稼ぐ。想像するだにオソロシイ。その上、韓国ではたびたび個人情報の大量流出事件が起きて、かつ、有効な対策もない。それでも、もうこのシステムの廃止はありえない、というくらい生活に馴染み過ぎている。


アメリカで一番メジャーなカード犯罪は「なりすまし詐欺」。年金システムの情報が巧妙に盗み出されてワルが実在の市民になりすまし、年金を横領する。この被害が何十億円にもなるというから、犯人は個人ではなく組織であること間違いない。退職して年金の受給手続きをしたら、誰かが自分の年金をすでに受け取っていた・・。アタマに血が上るショッキングな出来事です。


政府も銀行も個人も、一所懸命にセキュリティを考えて「これで大丈夫」というシステムをこしらえても、必ずそれを上回る悪智恵の持ち主が現れて横取りする。そんなにエグイ悪者でなくても、例えば昨日のニュースで報じられたのは関西電力の社員が見ることを許されない顧客の個人情報を盗み見して営業活動に使っていたという。しかも加害者は何十人というオーダーだから悪質だ。


カードシステムのことだけ考えても、自分は韓国人や中国人に生まれなくて良かった、と思うのであります。さらに、紀藤センセが言うに、高度なシステムを構築するのがヨシとしても、それを維持すること(情報の更新)に莫大なコストがかかることに留意するべきだという。データは蓄積するだけでなく、絶えずメンテナンスする必要がある。それはエレベーターと同じで、最初の設置費用も高額だけど、後々のメンテナンスに何倍ものコストがかかる。そして、残念なことに、そこには必ず利権問題が生じる。あの悪質「電通」みたいな利権ビジネスが生まれて、しかも表にでない。国民の知り得ない巨大闇社会が生まれる。ま、NTTとか、民間企業なのに誰しもが絶対コケない会社だと思っている。コケる理由が考えつかない会社なのです。


マイナカードを取得しながらカードの悪口を書きましたが、ま、自分は使い慣れるまえにあの世行きだからドジもハジも、まあええか、ということで。しかし、三途の川を渡り終えたら、岸辺で「閻魔カードの申請はこちら」と受付してたりして・・。オイオイ。

 


(2016年 洋泉社発行)

紀藤正樹ほか共著「これから起こるマイナンバー犯罪」 

 

源泉徴収>システムに慣れすぎた国民
 この2冊の本を先に読んでいたらマイナカードの申請はしていなかったかもしれない、というのが正直な気持ちです。2冊とも制度を批判した本だから当然ですが、十分に勉強してから申請した人は少数ではないかと思います。
 大きな声では言わないけれど、政府がカードの普及を熱心に勧める理由のひとつが納税手続きや銀行口座をカードに紐付けし「税金の取りこぼしを無くす」ではないか。


日本のサラリーマンはほぼ全部が源泉徴収所得税をさっ引かれている。こんなの世界共通かと思っていたら,間違いでした。収入は自分で申告して税金を払う、というのが世界の標準らしい。では、サラリーマンでも副業を持つ人やネットで動画をアップして稼ぐユーチューバー、ブログで広告に加担して稼ぐアフリエイトなどの収入はきちんと税務署に申告し、所定の税金を払っているのか、といえば・・どうでせう。ズルしてる人、多いのではと思います。


バイトの稼ぎをズルして納税しない、というほかに、サラリーマンが妻を扶養家族として会社に申告していたけど、妻の稼ぎが増えて130万円(年金や医療保険を払う年収基準)を越えたのに知らん顔しているというケースもある。著者、紀藤センセの話では、この金額を扶養手当支給の限度額としている会社の場合、このズルは悪質で場合によっては解雇もあるという。
 また、飲食店などでのアルバイトでは店主が源泉徴収しないで給料を支払うことも多いが、所定金額(年間103万円=2015年現在)を越えているのに申告しないと脱税として罰せられる。1件としては微少な金額でも10万、100万になれば無視できない金額になる。


・・というわけで、マイナカードのシステムを少し学習した人のうち、何割かはカードの便利さを知ると同時になにやら不安を覚えることになる。納税は国民の義務だからと正しく理解、納得しながらも、ホンネは「できれば払いたくない」人がいる。単純に手続きが面倒くさいという人も多い。
 政府が消費税を1%アップしますといえば大問題になるが、税金をしっかり徴収しますと言えば正論だから誰も文句は言えない。実際に税金の取りこぼしがいくらあるのか不明なれど、こちらの税収増努力は賛成です。


銀行預金より現金保管がベター?
 昔、暴力団は悪行で稼いだ金は全部立派な?金庫で保管した。敵に襲われるリスクがあるのに、結局、これが一番安全、確実な保管方法だとなった。善良な?市民でも金庫に現金保管する人がいる。もし、マイナカードで銀行口座が紐付けされると大金の存在が第三者に知られることになるからそれはマズイという人は自宅で保存する。運の悪い人は強盗に襲われて大金を奪われる。


かように、政府は福祉制度や年金、税金、そして銀行口座までの情報をマイナカードに集めることを目指してるみたいです。よく言えば便利で親切なシステム、悪く言えば「国家による個人情報の一括管理」でありませう。こんなことを国民は望んでいるのでせうか。(つづく)

マイナカードの解説書を読んでます

1月07日の新聞記事。カードの申請は急激に伸びている

 

 マイナカードは2年位前に取得しました。健康保険証の代わりに使えるからというのが取得理由。しかし、その時点で使える病院や医院はなくて、未だに一度も使ったことがない。使用するには病院、医院でカードの情報を処理する機器が要るけど、それを備えたところがなかった、というのが使わなかった理由です。いろんな病院へ行ったけど「当院はカードが使えます」と利用を奨められたことが一度も無い。(現在は使えるところがかなりあるかもしれない)


かかりつけのT病院の診察受付は「診察カード」を読み取り機械にかざすとバーコードを読み取って当日の診察内容、場所、担当医師などを記したA4紙が出てきて、これがガイドになります。病院ではこのシステムが普及しており、これをマイナカードにも対応させるためにはハード、ソフトで新たなシステムが必要になる。こんなイロハの知識もないのにカードを取得した自分がアホでした。


で、少しは知識を仕入れておこうと解説書を2冊借りました。

紀藤正樹ほか共著「これから起こるマイナンバー犯罪」
黑田充著「あれからどうなった?マイナンバーとマイナンバーカード」


んまあ・・マイナカードシステムってこんなにややこしくてリスクだらけのシステムなのかとガッカリしました。便利で安全、というイメージは消えました。
 但し、失望のウラには自分の理解力の無さがあります。ハヤイ話、後期高齢者には無理なテーマです。借りた本は初心者向けの解説を謳った本なのに、例えば「マイナポータルとマイキーID」という項目の説明なんか石器時代人にはもう全文「なんのこっちゃねん」状態であります。


かように赤恥をさらしつつ、しかし、国民の半分くらいは既に理解してるのかといえば・・どうでせうか。ただいま50歳~60歳の人は老い先が長いぶん、しっかり学習しないと「マイナ難民」になるやも知れません。カードが便利どころか憂鬱のタネになりかねない。ヘタすれば犯罪に巻き込まれる恐れさえあります。カードが不評だとしても、もはや廃止や後戻りはないのでしっかり勉強しませう。


2冊の本を読んでマイナカードについて無知蒙昧ぶりを痛感しました。国民がボケ~としてると、政府による国民の個人情報の一元管理なんてとんでもない「監視社会」になりかねません。次回もカードの悪口を書く予定です。

 

アラン「幸福論」を読む  

 ハードカバーの立派な作りに上品な表紙、帯には「この世でもっとも美しい本のひとつである」という惹句。ならば、さぞや有り難い名言、至言の数々が書かれているはず、と期待して開くと・・。ま、ハズレでありました。
 まえがきの「ヒルティ、ラッセル、と並んで世界の三大幸福論と言われる」というPR文句にまんまとのせられてしまいました。


78頁「過去や未来にとらわれない」
 「人が耐えなければならないのは現在だけ。過去も未来も無害である。なぜなら過去はもう存在しないし、未来はまだ存在しないのだから」。ストア学派のこの主張はまったくその通りである。
 過去と未来が存在するのは、人がそれについて考えるときだけ。つまり、両方とも印象であり、実体がない。それなのに、わたしたちは過去に対する後悔と未来に対する不安をわざわざ作り出しているのである。


深刻な不安や後悔に苛まれているとき、この言葉に出会えば救われますか。親切な友人がこの文を指し示して「ほら、アランはんがこんなええこと書いてはる。これで悩みなくなるで」なんて教えてくれてもなあ。


どの項目も概ねこの調子で新興宗教の説教文句のレベルであります、と言えば、あんたは教養がないからそんな言いぐさしかできないのだと叱られそう。実際、ほんとうに下らない内容なら世界中の三大幸福論なんてヨイショされるはずがない。勝手な想像を言えば、この本が役立つのは三〇歳くらいまでの若い人たちでありませう。四〇歳すぎてこの本が人生の指針として役立つなら相当の世間知らずであります。さしたる悩みも蹉跌も経験せずにのほほんと生きてこられた、幸運な人であります。


中年になってこの手の本を読むならA・ビアスの「悪魔の辞典」のほうがよほど面白い。しかし、老年になるとこの本もアホらしくて読めなくなった。(2007年 ディスカバートウエンティ発行)

 

 

津野海太郎「最後の読書」を読む

 書名を見て、なんか縁起わるう~~と思ったのは他人事ではないからです。で、著者の津野さんって何者と履歴を見たら、1938年生まれ(自分と1歳違いの寅年生まれ、自分は卯年生まれ)劇団「黒テント」の演出家、晶文社取締役、和光大学教授、同図書館長などを歴任とあります。84歳の読書大好き爺さん。だったら、こんな題名の本を書いてもおかしくないと納得しました。


しかし、目次をひらくと・・・
・わたしはもうじき読めなくなる・目のよわり
・記憶力のおとろえを笑う
・蔵書との別れ
・八十歳寸前の読書日記
・いつしか傘寿の読書日記
・硬い本はもう読めないよ


・・・オイオイ、自分が日頃切実に感じてること全部書いてるじゃありませんか。もしや、もう亡くなったのかとネットで人名を検索すると死亡情報はありませんでした。視力弱り、記憶力衰え、もはや硬い内容の本は読めない(読む気がしない)・・100%同感であります。


しみじみ気分でそれぞれの目次の本文を読むと、べつに泣き言ばかり書いてるわけではない。昔読んだ本の思い出や出版のいきさつや著作者との交友、エピソードなど、穏やかな文章でうめられています。マジメだけど、クソマジメな文体ではなく、ひょうきんな性分の人でもあるらしい。


~蔵書との別れ~・・94頁
 作家や書評家がものすごい数の本を収集していることは読書ファンなら知っていますが、これにはワケがあります。彼らの大半は大正時代から昭和の終戦までくらいに生まれた人で、要するに「本に飢えた」経験がある人たちです。空襲で書物を失ったとか、終戦直後のひどい「本飢饉」を経験した反動で必死になって書物を集めた。今じゃ年間数万点といわれる書籍出版が終戦時(1945年)には658点まで激減した。作家だけでなく国民の大半が本(活字情報)に飢えた時代でした。下町に「貸本屋」があったこと覚えてる人は少し事情が思い出せるとおもいます。


さりとて蔵書が増えすぎるのも困ったことになる。なかでもモーレツにため込んだ例は、井上ひさし・14万冊、谷沢永一・13万冊、草森紳一・6,5万冊、渡部昇一  ・15万冊・・など、巷の図書館をしのぐ大収集家でした。司馬遼太郎の2万冊なんてショボイもんです。


収集、保存、処分で失敗を経験し、大きな精神的打撃を受けたのが紀田順一郎氏。3万冊のうち1万冊を遠方の田舎町へ移したけど、ワケありでリターンする羽目になった。そのときの肉体労働のきつさや失望感が大きく、結局、命の次に大切な大半の書物の「処分」に追い込まれ、自らも小さなマンション暮らしという逼塞生活に甘んじるしかなかった。いかに愛着がある本でも,手を離れたら、1kg10円の「ゴミ」になる。
 こんな地獄を見た著者は心を鬼にして蔵書を減らす。嗚呼、それなのになんたる因業でありませう。「百歳までの読書術」なる本を出版したそうであります。ええ加減にしなはれ。(2018年 新潮社発行)


(注)終活をすすめて、dameo の蔵書は50冊くらい。日常のゴミ回収一~二回で処分できる量です。一部は「まちライブラリー@もりのみや」に寄贈しています。寄贈された古本だけで運営する当館は約2万冊の蔵書があります。